1. HOME
  2. こどもヨーガ
  3. こどもヨーガってなに?

KODOMO YOGA

こどもヨーガ

こどもヨーガってなに?

なぜ子どもにヨーガが向いているのでしょうか?

こどもヨーガCCEの実践・実績の中で、ヨーガが子どもの発育過程の姿勢作りなど、様々な効果があることがわかっています。
「まねまねヨーガ」や「親子ヨーガ」など、子どものヨーガでは、遊びながら楽しくポーズをとる間に、その子に必要な神経や筋肉、特に深層筋が養われていきます。
自然な発達にそっているため、からだに無理がなく、子どもになじみやすいのも特徴です。

こどもヨーガまた、「からだへの思いやり」という自分のからだを大切にする意識を、こども自身で「体得」することができ、情緒の安定にもつながります。
保育園などの集団生活の中にこどもヨーガを取り入れることによって、子ども同士がお互いを尊重するようになった。
呼吸をととのえることで、落ち着きが出できた・・・など、嬉しい報告も届いています。

CCEのこどもヨーガで大切にしていること

体育 
カラダと息とココロを調え、今を生きることを大切にできる力を

知育 
国柄を自覚し、グローバルな視点をもった教育を施す力を

徳育
慈み尊ぶ心、研鑽と奉仕に励む力を

CCE こどもヨーガのせんせいの養成講座の5つの特徴とは

1. おたがいさまで活動できます。 :組織や専門、世代などの垣根を越えて学べます。

2. おかげさまで活躍できます。:施設や学校など公共の場で活躍のできる力をつけます。

3. 和流メソッドでヨーガを伝えます。 :和顔愛語、背中での教育が指導法です。

4. マインドフルネスを根幹におきます。 :マインドフルネスの実践と効用をヨーガで伝える力をつけます。

5. エビデンスを大切にします。 :経過と結果に向き合います。

こどもが子ども自身のチカラに目覚めていく「こどもヨーガ」は、福祉・医療・教育などの現場で必要とされています。

あなたも「こどもヨーガ」の先生になってみませんか?

こどもヨーガのせんせいになるには? ▷各講座について

▷ こどもカルチャーEducation.JPNへの お問い合わせ