1. HOME
  2. こどもヨーガ
  3. 資格取得後のフォローについて

KODOMO YOGA

こどもヨーガ

資格取得後のフォローについて

こどもヨーガへの学びの機会を増やしていただくために、以下のようなフォローアップ体制を提供しています。

①各種アドバイスの提供

こどもヨーガのざまざまな実践場所、新たな対象で初プログラム、初回訪問時の資料などのアドバイスを、事務局経由で受けることができます。

②実践現場へのアシスタント参加

伊藤講師の講座などのボランティアアシスタントとして入ることができます。
実践場所は、子育て支援、幼稚園、保育園、小中高、大学、はたまたイベントなど、様々です。その場に応じたヨーガのプログラムの実践を体験でき、観稽古、あるいはアシストするお稽古ができます。

③研修生制度

研修生として、トレーニング希望することができます。
初級の認定こどもヨーガ教師取得後、こども向けのヨーガのプログラム立て及び、実践記録のトレーニングができます。
どちらの場所も、数人でチームを組んで行い、1年~1年半を目安に、研修生として学ぶことができます。

関東:月3回
親子スポーツ せたがやウキウキクラブでのキッズヨーガ/昭和女子大学

関西:月1回  ※2019年秋スタート
児童養護施設での実践

九州:月2回  ※2019年秋スタート予定
保育園での実践

④教材コンテンツの閲覧・使用

一般社団法人 こどもカルチャーEducation.JPNのHP内の、認定教師専用のページに入ることができます。
そこでは、これまでの資料をみたり、使用可の資料、勉強のための材料を入れて提供しています。

⑤年更新ブラッシュアップ研修制度

年会費には、年更新ブラッシュアップ研修が含まれています。
年会費のお支払いと同時に、年更新ブラッシュアップ研修を受けることで、1年毎の必須ポイントが得られます。
講師が臨床研究者であることから、先進の情報を得られるようになります。

※研修開催記録(準備中です)

⑥会員間ネットワーク

横のつながりで学び合いができます。認定教師のお互いのクラス、こどもヨーガ准専門士以上の有資格者が開講するオリジナル講座などは、学びの機会を互いに提供し合うという側面を加味し、CCEのポイント換算の一部に適用しています。
また、当団体が企画した研修、講座などにアシスタントで入られる際は、先輩教師と記録の方法などを磨き合う機会が得られます。

年会費について ※会員更新ブラッシュアップ研修込

◼︎C.C.E.の事業年度は、毎年3月~2月末です。
◼︎年会費の案内は、次年度より3月初旬発送→5月10日期限でお支払いとなります。

2019/4/21時点

年会費について
補足
①こどもヨーガ専門士(上級)は、まだ講座が開講しておりませんが、年会費につきましては、初級、中級時と同じになります。
②年会費(会員更新)は 1万円+税 ※2019年度は消費税8%のまま、お支払いいただけます。2020年度は、消費税10%となります。
③会員更新ブラッシュアップ研修費のみは、5000円+税になります。
④年会費お支払い時期に、妊娠、出産、介護、及びご自身やご家族の疾病などで、環境変化があり、すぐに動きがとれない場合は、ご相談ください。

▷ こどもカルチャーEducation.JPNへの お問い合わせ